中南米を旅するサイト Latin America Travelers
中南米を旅するサイト


カンクンとムヘーレス島 (メキシコ)

カンクン

世界が注目するカリブの大規模リゾート

カンクンのビーチ
白砂の美しいビーチが延々と続くカンクン

カンクンは、メキシコで最も有名なリゾート地として一年を通して世界中の観光客を集めています。その魅力は、驚くほどに青い海と白砂に覆われた長い海岸にあります。
 世界的に見ても群を抜く美しさを誇るビーチは多くの旅行者を魅了し、メキシコはこの地の観光開発を強力に推し進めてきたのです。その結果、長いビーチ沿いには高級ホテルが林立し、その豪華さとサービスを競うようになりました。ホテルの外にはレストランやショッピングセンターが並んでおり、ナイトクラブなど大人の遊び場も充実しています。中心街では、毎晩のように賑やかな音楽が鳴り響き、観光客たちのお祭り騒ぎが繰り広げられているのです。

 

カンクンの地図

カンクン地図
カンクンの全体図。ホテルは北側のプラヤ・リンダあたりから、南側のプラヤ・デルフィネスあたりまで、隙間がないほどに並んでおり、これを「ホテル・ゾーン」と呼ぶ。ビーチが美しいのはプンタ・カンクンから南の外海に面した所で、ここには超高級ホテルが多い。ダウンタウンに近いプラヤ・リンダ周辺は比較的安いホテルが多いが、ビーチはあまり美しくない。美しい海岸に面し、比較的リーズナブルなホテルを探すなら、岬になっているプンタ・カンクン辺りが狙い目だ。

 

宿泊ホテルへ

ホテル、クリスタル・グランド・プンタ・カンクン

せっかくカンクンに泊まるのですから、少しいいホテルにしたいと探したのが「クリスタル・グランド・プンタ・カンクン」でした。プンタ・カンクンと呼ばれるホテルゾーンの北側に付き出した岬のような場所に位置しています(地図参照)。この近くに、ホテルゾーンで最も賑やかな中心街があるため食事や買い物にも便利という利点があります。部屋はオーシャンビューを選択。値段は高いのですが、どうせ泊まるなら海が見えたほうが絶対いいです。


ホテルの内部から見るとこんな感じです。ちなみに、1泊の料金はオーシャンビューのツインで1万8000円〜2万円程度。もちろん、シーズンオフの割引料金ですが、メキシコならではのリーズナブルな価格設定です。


部屋のバルコニーから見た景色です。残念ながら、2月のこの日は曇り空で風も強く、海水浴には適さない日でした。


ホテルの前のビーチはきれいですが人はあまりいませんでした。


カンクンは熱帯性の気候で一年を通して晴れることが多いのですが、冬の時期の天気はかなり気まぐれで、時々雨が降る寒い日があるかと思えば、カラッと晴れて暑くなったりします。この日は、夕方になって晴れてきたので、翌日の天気に期待しました。


ページトップへ


ビーチと夜の街

翌日は晴れました。雲は多かったものの気温は30度ほどあり、海水浴には暑すぎず、最適です。ビーチチェアなどはホテル宿泊者専用なので自由に使えます。ボーイが回ってくるので飲み物やスナックなどを注文することも可能です。


美しい景色を見てボーっと過ごす贅沢な時間を満喫します。


夕食は、歩いて10分ほどのところにあるアメリカのステーキハウス「アウトバック・ステーキハウス」でベビーバックリブを食べました。これがおいしくてたまりません。タコスなど地元の料理を出すレストランもたくさんありますし、日本食レストランもこの近くにあります。


プンタ・カンクンには数多くのレストランやショッピングセンターが集まっているのですが、中でも大規模ショッピングセンターとして有名なのがう「ラ・イスラ」です。中はちょっとしたレジャーランドのようになっていて、一日中楽しめます。


夜のプンタ・カンクンはナイトクラブなどが店を開き、大勢の観光客がそぞろ歩きを楽しむなど大賑わいです。オープンになっている店もあり、通りからこういう光景が眺められます。


特に有名なココ・ボンゴというクラブの周りは、ナイトライフを楽しむ観光客で大騒ぎです。ココ・ボンゴ周辺は観光客が多く、危なくはないのですが、リスクは常にあります。特に、移動する時に暗がりなどには注意が必要です。


ページトップへ


ムヘーレス島へ

ムヘーレス島地図
三日目は、人気のリゾート・アイランド、イスラ・ムヘーレス(ムヘーレス島)に渡ることにしました。島に渡るフェリーはダウンタウンの港、プエルト・フアレスやグラン・プエルトから頻繁に出ているのですが、プンタ・カンクン近くにも高速フェリーの桟橋があります。ところが、この日は風が強かったため全便欠航と言われました。ただ、別の港からは船が出るため、そこまで車で送ってもらうことにしました。

  港では大勢の観光客が船を待っていました。強風の中で本当に船が出るのか心配になりましたが、無事出港。高速船ですので、高波を乗り越えてがんがん走ります。船酔いを心配し、船の上甲板で強風に吹かれていましたが、気分が悪くなることはありませんでした。


約1時間でイスラ・ムヘーレスに到着です。常に観光客で賑わう、華やかな雰囲気があります。


イスラムヘーレスの桟橋付近はカンクンとは打って変わった、庶民的なリゾート気分溢れる町並みです。島内は観光客向けのゴルフカートがやたらに走っています。車よりも安全で移動が楽なために、観光客に最も利用されている乗り物なのです。


イスラ・ムヘーレスのメイン・ストリートです。土産物屋とレストランが軒を連ねていて、夜になると観光客でにぎわいます。


町の北側にあるプラヤ・ノルテ(北のビーチ)。美しい遠浅の海岸で、いつも海水浴客で賑わっています。ただ、この日は風があり、寒くて、人は少ない方でした 。


ページトップへ


ガラフォン・ビーチへ

ガラフォンビーチ
翌日、天気も回復したので、島の南にあるガラフォン海洋公園に行くことにしました。そこには広い砂浜は無いのですが、大きなリーフがあり、たくさんの魚を見ることができます。上写真は公園の中で、向かい側にカンクンが見えます。

 タクシーで島を10分ほど南下し、ガラフォンの入り口に着きました。係員に入場料を聞くと「食事と飲み物込みで800ペソ(5600円くらい)」といいます。「食事はいらない」と言いましたが、「食事抜きはやっていない」とニベも無い返事。昼食を食べてしまった後でしたが仕方ありません。


ガラフォンは国立公園に指定されていて、魚が集まる岩礁があります。カンクンからはツアーがあり、直接やってくる船が停泊しています。


海には岩礁が広がっていて、潜るとたくさんの魚を見ることができます。プール利用やシュノーケリング、カヤックも入場料に含まれています。海上にはジップ・ラインの塔があるが、これは別料金です。


レストランはブッフェ形式で、好きなものを取って食べることができます。飲み物はソフトドリンクだけでなく、アルコール類もあります。ウエイターが来て、「ラムのカクテル飲む?」と聞いてきたので、遠慮なくいただきました。


ヤシの木陰にあったハンモックに寝ころび、近くのバーでもらったビールを飲みながら、日が落ちていくのを眺めました。のどかで落ち着いたいい日になりました。


ページトップへ


ラテンアメリカ博物館
Copyright 2021, K.Norizuki.all rights reserved,
中南米を旅するサイト Latin America Travelers
inserted by FC2 system