中南米を旅するサイト Latin America Travelers
中南米を旅するサイト


インカの都クスコを巡る (ペルー)

国旗
クスコ

今も残る巨大帝国の面影

クスコ中心部のコロニアル建築群

インカは広大な南米アンデス地域を支配した巨大文明でした。その首都がクスコ(世界のヘソ)だったのです。スペイン人たちがこの都にやって来たとき、巨石を組み合わせた建築物とふんだんな金を使った装飾の見事さに驚愕したといわれています。当時のヨーロッパにも、これだけの大都市は少なかったのです。スペイン人侵略者たちは、この壮麗な都を、土台の石組みだけを残して破壊してしまいました。しかし、今もスペイン人が建てた建物の土台として残る驚異的な石組みなどに、インカの技術の素晴らしさをしのぶことができます。

 

クスコ中心部の地図

 

クスコの中心部

アルマス広場の噴水とインカ皇帝像。後ろはラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会

まずは、クスコの中心部から散歩を始めましょう。

街の中心となるのが写真のアルマス広場です。周囲をコロニアル様式の建築群が取り囲み、カテドラル(大聖堂)とラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会の二つのカトリック教会堂が建てられています。他の街では、中央広場で最も立派な建物はカテドラルなのですが、ここではイエズス会のラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会の方が大きく立派に見えます。他のカトリック会派に対するイエズス会の挑戦的な姿勢が現れているようです。


こちらがアルマス広場に面して建てられているカテドラル(司教座聖堂)です。背は低いですが立派な建物です。

アルマス広場の背後の丘の上には緑に覆われたサクサイワマン要塞があります。

アルマス広場の周囲には二階建ての典型的なコロニアル様式の建物が連なっています。この建物は、一階の通路の上にせり出した二階を等間隔に並べた柱で支えるスペインのコロニアル様式によく見られる柱廊という形です。


夜のアルマス広場は、観光客が夜遅くまでそぞろ歩きを楽しんでいます。周囲には民族音楽を聞かせるバーやレストランも多く、様々な楽しみ方ができます。


アルマス広場から北西に伸びるプロクラドーレス通りには土産物屋、旅行社、レストランなどが軒を連ねています。観光客が絶えない賑やかな通りです。

 

ページトップへ


12角の石周辺

インカ時代の大規模な石垣が今でも残るのがアトゥンルミヨク通りです。石垣は剃刀の歯が入る隙間もないほどピッタリと巨石を組み合わせてあり、インカの石組み技術の素晴らしさが実感できます。この中に12角の石があります。

これが有名な12角の石。大きな石を複雑な形に加工して組み合わせるているのですが、鉄器を持たなかったインカがどのようにしてこのような石の加工を行ったのかは謎です。

12角の石がある壁は、インカ時代に第6代皇帝インカ・ロカの宮殿の土台として作られたものです。12角の石は北側にあるのですが、東側のインカ・ロカ通りにはピューマなどの形がはめ込まれている石壁があります。ちょっと見ただけではわからないのですが、ここに行くと説明してくれる人がいます。

西側の壁には出入り口があり、右側の中ほどには12角の石より角が多い「14角の石(黄色の丸の中)」がはめ込まれています。小さいので、ほとんど見る人もないのですが、石職人の遊び心が面白いです。

この周辺にはインカ時代の石垣とスペインの建築物が融合した建物が多くあります。雰囲気のいい路地が多いため散歩するのが楽しいです。

サクサイワマンへ上る道周辺

クスコは坂が多く、標高3400mもあるため歩くのが大変です。特に、丘の上にあるサクサイワマン要塞に続く路を歩くと息切れがひどくなります。高地に弱い人はゆっくりと歩くことをお薦めします。

サクサイワマン要塞に向かって坂を上っていくと、途中にサン・クリストバル教会があります。この鐘楼からはアルマス広場を一望できます。

 

サクサイワマン要塞の十字架の丘からはクスコの街が一望できます。

ページトップへ


コリカンチャ(太陽の神殿)

アルマス広場から南東に向かうエル・ソル通りを歩くとサント・ドミンゴ教会があります。ここはインカ時代にコリカンチャと呼ばれた太陽の神殿があったところです。スペイン人は神殿を壊して教会を建てたのですが、今も大規模な石組みが残っています。

インカ時代に作られた美しいカーブを見せるコリカンチャの石組みです。インカ民族にとって最も重要な神殿だっただけに、他の場所とは異なる非常に丁寧な加工が石に施されています。

右側が整然と積まれた石が美しいコリカンチャの石壁です。12角の石のような遊びが見られないのは神殿であるためだと思われます。

サント・ドミンゴ教会の内部です。ここは修道院の建物ですが、回廊にはインカの石組が残っています。

内部に残る重厚感があるインカの石組みです。石は加工が非常に丁寧なのが分かります。

インカの石組みで作られた部屋を上から見るとこんな感じです。

サン・ペドロ市場周辺

中心部の西側には買い物をする市民が集まるサン・ペドロ市場があります。観光地である中心部とは異なる熱気溢れた所で、クスコの庶民生活を知るにはいい場所です。ただ、治安が良くないので歩く際は十分な注意が必要です。


果物などが安く売られています。バナナやリンゴ、イチゴの他、世界三大美果の一つとされるチリモヤもありました。

ページトップへ


クスコのお勧めレストラン

世界中から観光客が集まるクスコですから、レストランもバラエティに富んでいます。そんな中から、日本食を中心に私のお気に入りレストランを紹介したいと思います。

クスコの日本人の間で最も有名なのが、ペルー料理のプカラです。この店は、日本人のシェフが1988年に開店したそうですから、30年近い歴史があります。シェフは、日本人が好む味もよく知っていますし、ペルーの一流ホテルやレストランで修業したベテランですから、料理は折り紙付き。どの料理も安心して頼めます。日本語のメニューもあり、ペルー料理の入門として利用するのもいいと思います。


おすすめ料理は、アヒ・デ・ガジーナでしょうね。アヒは唐辛子、ガジーナとは鶏の事です。ペルー特産のアヒ・アマリージョ(黄色唐辛子)と鶏肉をクリームで煮込んだもので、色が薄いカレーのような料理です。カレーのように辛いわけではなく、クリームのまろやかさが癖になる絶品の料理です。


スープの専門店である「Mr.Soup」には、日本のものと比べてもそん色ないくらい美味しい「カレーうどん」があります。他にトマトスープ、ミネストローネ、野菜スープなどがあります。スープは量があり、付け合わせのパンもあるので、結構お腹がいっぱいになります。


カレーうどんは美味しいし、量もかなりあります。


クスコのお勧め料理

クスコなどではマス料理がよく出されます。一般のレストランでは昼にメニュー・デル・ディア(日替わり定食)を提供しており、店の前に定食のスープ、前菜、メイン、飲み物などを価格と共に表示しています。その中に、「trucha」と書いてあればマスです。店によっては、Trucha a la Plancha(マスの揚げ焼き)とかTrucha a la parrilla(マスの炭焼き)など、複数の料理を出していることもあります。

ページトップへ



ラテンアメリカ博物館
Copyright 2021, K.Norizuki.all rights reserved,
中南米を旅するサイト Latin America Travelers
inserted by FC2 system