中南米を旅するサイト Latin America Travelers
中南米を旅するサイト


マチュピチュの峰に登る! (ペルー)

国旗
マチュピチュ

神秘の遺跡を望む知られざる山

マチュピチュ峰の頂上付近にある展望台

マチュピチュ遺跡の背後にワイナピチュ峰がそびえているのは写真でよく見ます。しかし、マチュピチュ峰という山があるのはあまり知られていません。実は、マチュピチュ峰はマチュピチュ遺跡を挟んでワイナピチュ峰の反対側にあり写真に写ることもあまりない山なのです。以前は自由に登れたワイナピチュは登山人気が高くて、ハイシーズンには1か月前に入山チケットの予約が必要とのことですが、マチュピチュ峰はあまり知られていないため、直前でも登山チケットが入手できるそうです。今回はこのマチュピチュ峰に登ってみようと思います。

 

いざ、マチュピチュ遺跡へ

マチュピチュ遺跡行きのバスはマチュピチュ村から出ています。宿泊していたホテルを朝5時半に出て10分ほどでバス乗り場に着くと、バス通りに旅行者の長い列ができていました。しかし、中型のバスが次々と来るので、15分ほど待っただけでバスに乗ることができました。遺跡に向かって、バスはジグザグの坂道を上り続けます。


30分もかからず遺跡の入り口に到着しましたが、ここも入場を待つ人達が大勢いて、入り口ゲート前の階段は埋め尽くされています。遺跡内には食べ物の持ち込みは禁止されていると聞いていたので、私は水しか持ってこなかったのですが、入場ゲートでは特にバック内を調べたりすることはありませんでした。遺跡だけなら水でいいと思いますが、山に登る場合はエネルギー補給用の食べ物を多少は持って入ってもいいのではないでしょうか。


すでに7時近かったため、遺跡内を歩いてマチュピチュ峰登山口に向かいました。マチュピチュ峰はワイナピチュ峰とは反対側に聳えるため、途中のテラスからはマチュピチュ遺跡とワイナピチュの絶景が見られました。


マチュピチュ峰の登山口方向に広がるテラスを歩いて行きます。


7時ちょうどに登山口に着きました。すでに10人ほどが待っており、ゲートが開くと小屋で登山ノートに自分の名前を記入してから坂道を登り始めました。


ページトップへ


10分も坂を上ると、もう、嫌になりました。坂がきついし、周囲は林で景色は見えないし、ただ苦しいだけです。頂上までは2時間と聞いていましたが、これではとうてい上れないと思いました。


以前登ったワイナピチュの方は切り立った崖に付けられた道を昇っていくので、結構辛いのですが、景色が見られる楽しみがあったように記憶しています。こちらは、最初のところは景色が見える場所が少なく、インカ道の石の階段をひたすら上り続けるしかないのです。上に行くと景色が見えるようになると思いますが、この日は霧と雲で景色はほとんど見えませんでした。


1時間半を経過するころ、山道は細くなり、崖の淵を歩くようになりました。右後方の雲の間からワイナピチュの尖った峰が突き出しているのが見えます。晴れていれば、マチュピチュとワイナピチュの絶景が見られると思います。


やがて、急な坂の上に空に突き出すような展望台が見えました。「ひょっとしたら頂上が近いのか?」と思い、最後の力をふり絞るようにして登っていくと、それは頂上直下の展望台でした。結局、1時間45分ほどで頂上に到着。着いてみると、意外にあっけなく、最初に思ったほど大変ではなかったような感じです。


マチュピチュ峰は標高3060mあり、ワイナピチュ峰の2720mより高いのです。晴れていれば、頂上から周囲を囲む山脈群の360度パノラマが楽しめるはずですが、この時、周囲は完全に厚い雲に覆われており、厚い雲が時々私たちを包み込んで真っ白になります。待っていても雲がなくなる様子が見えなかったため、あきらめて下山することにしました。


登山口には10時過ぎに戻って来ました。これから遺跡をゆっくり見学しようと思ったのですが、雨が降り始めました。


私は、持っていたレインウエアを着て少し歩きましたが、防水ズボンに水が浸透するほど濡れてしまいました。しばらくしたら雨が上がるかもしれないと屋根の下で待ってみたりしたのですが、雨脚はかえって強くなるばかりです。


昼が近かったため、一旦遺跡の外で食事をして雨が上がるのを待つことにしました。遺跡の外にはホテルのレストランとスナックがあります。レストランはビュッフェ形式で4000円以上しました。そこで、スナックに行きましたが、ここにも長蛇の列。屋根付きのオープンテラスのテーブルは人で埋まっています。それでも、食事を終えて帰る人も多いので、少し待てば座ることができました。しかし、午後1時になっても、雨はやむ気配を見せません。衣服が濡れているせいもあって座っていると寒いのです。ついに待ち続けるのが苦痛になり、あきらめて村に帰ることにしました。遺跡をじっくり見たかったのに、残念でした。


ページトップへ



ラテンアメリカ博物館
Copyright 2021, K.Norizuki.all rights reserved,
中南米を旅するサイト Latin America Travelers
inserted by FC2 system