中南米を旅するサイト Latin America Travelers
中南米を旅するサイト


マヤの神髄ルータ・プーク (メキシコ)

国旗
ルータプーク

華麗なマヤ文明の都市群を巡る

ウシュマル遺跡
ルータ・プークのメイン遺跡ウシュマル

プークというのはマヤの建築装飾の様式のひとつで、切石をモザイク状に配置して神の顔や幾何学模様などを浮き上がらせるものです。数多いマヤ遺跡の中でもプーク様式の遺跡はユカタン半島の中心都市メリダの南に多くみられます。このプーク様式の建造物が残る遺跡を一日で回るのがルータ・プークというメリダ発のツアーです。このツアーに参加して、マヤの華麗な装飾を持つ建造物が残る遺跡巡りをしてみました。

ルータプーク地図

ルータプーク地図

メリダの1等バスターミナルから出発するルータ・プークのツアーは、金、土、日に催行されていました。他の旅行社のツアーもあるかもしれないので現地で確認してみてください。ツアーは5つの遺跡を巡るのですが、最近は4つの遺跡とロルトゥン洞窟を回るように変わっているかもしれません。

 

ラブナー遺跡へ

ツアーはメリダの1等バスターミナルを朝8時に出発。ミニバンを使ったツアーの参加者はヨーロッパの男女7人に、アラブの男性、日本人の男子大学生といった合計10人でした。 車は密林を切り開いて作った直線道路を高速で走り、まずラブナー遺跡を目指します。約2時間でラブナー遺跡に到着。 ここは小さな遺跡ですが、プーク様式の神殿が良く保存されています。写真は「Gran Palacio(大宮殿)」と呼ばれる複雑な構造の建築物です。


大宮殿の屋根の部分には、プーク様式でおなじみの雨の神チャックの顔がいくつも見られます。


マヤの持ち送り式アーチがある建物。建物の周囲の壁は壊れてしまっており、このアーチのある壁だけが残っています。マヤの諸都市ではこのような形のアーチがよく作られましたが、幾何学模様の壁面装飾とアーチがこのように美しく残ったものは他にはありません。まるで凱旋門のような堂々たる風情があり、プーク様式の建造物のシンボル的な存在です。



El Mirador(展望台)と呼ばれる建物。ピラミッドの上に屋根飾りを持つ神殿が乗っている形ですが、下の部分は修復されていないため小山の上に展望台が乗っているように見えます。きちんと修復すれば形の良いピラミッド神殿になると思います。


シュラパック遺跡

次はシュラパック遺跡です。写真は「El Palacio(宮殿)」と名づけられた建造物。ここでも華麗なプーク様式の壁面装飾を見ることができます。シュラパックという名はマヤ語で「古い壁」という意味だということです。


四角い宮殿の角はチャックの顔を重ねたプーク様式の建築物でおなじみのデザインが用いられています。建物の規模は小さいがこの造形は素晴らしいですね。


宮殿の出入り口上部を飾る雨の神チャックの顔です。切石を組み合わせて作った造形は芸術的な風情があります。


ページトップへ


サイル遺跡

次はサイル遺跡です。この遺跡のメインはEl Palacio(宮殿)と名付けられた有名な建造物です。写真のように、建物中央に大階段を配した3層の豪壮な建物です。


宮殿を斜めから見たところです。特徴は、開口部に屋根を支える円柱が用いられていることと壁面に円柱模様が多用されていることです。プーク様式の建築デザインによく見られる特徴ですが、これだけ見事な様式を残している建物は少ないと思います。大階段を挟んで建物の右半分が壊れたままになっているのは残念です。


宮殿の2層目は、開口部の円柱だけでなく、壁面に円柱の模様が刻まれるなど、非常に凝った作りになっています。壁面の上部に見える顔は切り石細工で雨の神チャックを象ったものです。


El Mirador(展望台)。小型ピラミッドの上に屋根飾りを持つ神殿が乗っている形で、最初のラブナー遺跡にあったのと同じような建物です。


カバー遺跡

次はカバー遺跡です。これまでの遺跡と比べるとこの遺跡はかなり有名です。遺跡に入ってすぐ右側にあるチャックの顔の壁面コズ・ポープで知られています。


コズ・ポープを正面から見たところです。チャックの顔は4つの出入り口の横の壁に残っていますが、その上部は左端の一部を除いて崩れ落ちています。


コズ・ポープには雨の神チャックの顔を現した切り石細工に覆われています。丸い部分がチャックの眼で、ほとんど折れていますが長い鼻とギザギザの口がついています。この顔1つが30もの石のパーツの組み合わせてできているそうですが、壁面全体では300近くの顔があるそうです。この壁を作るために費やした労力は計り知れません。裏を返せば、それだけこの地方では水が重要だったということだと思います。


コズ・ポープの裏側にある支配者とおぼしき人物の像。この像の手がちょっと変わった形をしているが、マヤ語でカバーは「強い手の男」という意味だそうで、その由来となった像です。マヤ宇宙人説の一環で、このスタイルを宇宙飛行士と言う人もいます。


コズ・ポープに隣接する宮殿。上層部は一部を残して崩れていますが、下層部と中層部が残っています。下層部壁面に円柱のデザインの切り石がはめ込まれ、中層部の窓に円柱が立てられている、典型的なプーク様式のデザインです。


ページトップへ


ウシュマル遺跡

最後は、ルータ・プークのメインであるウシュマル遺跡です。ユカタンの遺跡ではチチェン・イツアと並んで規模が大きく見応えのある遺跡ですから、ルータ・プークの他の遺跡よりはるかに観光客が多く、賑やかです。ビジター・センターから遺跡に続く道路を歩いて行くと、正面に巨大な魔法使いのピラミッドが現れます。

マヤのピラミッドの多くは四角錐の形をしていますが、この魔法使いのピラミッドは楕円錐形をしているのが特徴です。四辺の角を丸くした階段状のピラミッドは他にもあるのですが、このように1段が長いスロープ状のピラミッドは非常に珍しいのです。この形状により、姿が優美で、どっしりとした迫力を感じます。以前は、階段を使ってピラミッドの上に登ることができましたが、現在は遺跡保護のために登れなくなっています。




ピラミッドの裏側に階段があり、脇に雨の神チャックの顔を並んでいます。上部には、蛇の口を模した神殿の入口があります。神殿のみならず階段まで、切り石を使った華麗な装飾を施しており、マヤの神官が儀式に利用したものだと推測されます。


魔法使いのピラミッドの西に隣接して建つのが、ウシュマルのハイライトともいえる壮麗な建築物である尼僧院(Cuadranglo de las Mnjas)です。中に四角い庭(Cuadranglo)を持つ複合建築物で、東西南北に異なったデザインの建物が建てられています。写真は、南側の建物に設けられた中庭への通路で、マヤの持ち送り式アーチになっています。奥には北の建物が見えます。


華麗な装飾が施された北の建物です。四方の建物の中で、この建物のみ高さ7mの基壇の上に載っている上、基壇中央には神殿装飾の部屋が設けられています。この北側が最も重要な建物、あるいは広場での儀式の際に王や高位神官が使用した施設であったことがうかがえます。


尼僧院の南、遺跡のほぼ中央部に位置するのが「総督の館」と呼ばれる建物です。堂々とした石造りの建物に驚嘆したスペイン人が名付けたそうです。長さ187m、幅153m、 高さ12mの基盤の上に、長さ100mの巨大な建物が乗っています。大きさ、デザイン的な迫力、壁面の切石モザイクの精緻さ、どれをとっても、現存するマヤ建築の最高峰といえます。

総督の館付近から見た魔法使いのピラミッド(右奥)と尼僧院(左奥)です。ウシュマルは非常に規模が大きく、広範な地域に数多くの建造物が残されています。この遺跡をゆっくり見るにはルータ・プークのツアーでは時間が足りません。この時も、ツアーの同行者たちが、時間がなさすぎると文句を盛んに言っていました。

ルータ・プークツアーは、あまり人がいかない多くの遺跡を一度に見るにはいいのですが、ウシュマルのような規模の大きい遺跡を見るには適していません。メリダのツアーにはウシュマルとカバーを巡るツアーなどもありますから検討してみることをお薦めします。


ウシュマル遺跡
ウシュマル遺跡の詳細はこちらへどうぞ。

ページトップへ


ラテンアメリカ博物館
Copyright 2021, K.Norizuki.all rights reserved,
中南米を旅するサイト Latin America Travelers
inserted by FC2 system